理事長挨拶

 日本語学園協同システムは今年創立107年を迎える事が出来ました。
   
 1911年羅府日本人会により設立され故島野好平先生が園長として迎えられ、第2次世界大戦まで在職、日米開戦と共に閉校となりましたが1948年杉町八重充博士を園長として迎え再開されました。その年の2月第1学園を皮切りに10月には羅府中央学園、翌年にはバレー学園と次々に開校され1975年には7校になり本部には成人部、教養科もあり、書道  生け花  茶道  木目込み人形など日本文化を教えるクラスも充実しておりまして運動会、日本へのスピーチ研修旅行も2年に一度参りまして、地方の学校との交流もございました。
皇居にもご招待頂き天皇、皇后両陛下、当時の皇太子様、雅子妃殿下の御前にて生徒達はスピーチもさせて頂きました事は大変貴重な経験になった事と思います。この行事は日本の外務省を通して十何回か行なわれました。

 
私の子供、2人も1975年より協同システムにお世話になりまして、お陰様で知り合いの無かった私達家族にとりましては、掛け替えのない多くの友人に出会えた場所でも有ります。日本語が出来ましたお陰で子供達にも世界が広がった様です。上の子は研究部までクラスを取りましたので15年、下の子は13年お世話になりましてこの学び舎の友とは未だにお付き合いが有る様です。第一回 の卒業生は多分もう80歳位にはなられていると思います。


 現在では各家庭でのお子様の数も少なくなり、住まいが昔の様に日本人がひと所にまとまって住むことにがございませんので、なかなか生徒を増やす事は容易な事ではありません。規模は縮小致しましたが継承日本語の大切さを感じる、魅力ある学校に致したいと関係者一同渾身の思いで取り組んでおります。由緒ある日本語学園協同システムの今後の発展を温かく見守って下さいます様切に願っております。



日本語学園協同システム

理事長 小林 政子

学園長挨拶

 長く日本語学園協同システムの学園長をされた田中前学園長の後任として、7月から学園長になりました。日本語学園協同システムは1948年に創設されて以来、ロサンゼルスに住む日本人・日系人の子弟の日本語学校として重要な役割を担ってきました。卒業生や修了生の数は数千人を超え、ロサンゼルスだけでなく他の都市まで広がり、様々な分野で活躍しています。

 それと同時に、協同システムが経験しているここ数十年間の大きな変化は私たちの学校に通う生徒たちが、これまでのように日本人・日系人に留まらず、アメリカに住む様々なバックグランドの子供たちも多くなってきていることです。この背景には、日本製の車や電気製品などがアメリカで高い評価を得てきたことの他に、日本のゲームやアニメの世界でアメリカの若い人たちに魅力を与えている影響もあると思います。最近では日本語スピーチコンテストで、宮崎駿監督のアニメの世界を生き生きと語ってくれた米国人の高校生がいました。

 ロサンゼルスで長く日本語を教えてきた私たちの学校の役割は日本人・日系人の子弟に日本語や日本文化を継承してもらうと同時に、コミュニティに住み、日本語や日本文化に関心のある誰もが学べる学校でありたいと思っています。外国語や外国文化を学んでいくことは日頃の積み重ねが必要な点で簡単なことではありませんが、知識が増えていくことにより、新たな世界が開かれていくという喜びがあります。私たちの学校が生徒の皆さんに楽しく学んでいけるように、色々なお手伝いができればと思っています。

日本語学園協同システム学園長 村方 清